カイザーベルク 穂高 BLOG

紫陽花が見頃を迎えました

皆さんこんにちは。カイザーベルク穂高の近江です。
カイザーベルク穂高の庭に植えてある紫陽花が見頃を迎えましたので、レポートしたいと思います。
 
まずはこちらの見慣れた紫陽花です。
 
 

ajisaihana1_2.jpg

 
赤紫色の花を咲かせてくれました。
 
 

ajisaihana2_2.jpg

 
こちらの紫陽花は青紫色をしています。
 
次はこちらのガクアジサイです。
 
 

ajisaihana3_2.jpg

 
最初にこのガクアジサイが見頃を迎えます。
 
赤色のガクアジサイもあります。
 
 

ajisaihana4_2.jpg

 
ちなみに、なぜ個体によって色が違うかといいますと、どうやら土壌のpH値とアルミニウムが関係しているらしいのです。
 
酸性寄りの土壌だと、紫陽花がアルミニウムを吸収しやすく、化学反応で青色の花になります。
 
アルカリ性寄りの土壌だと、紫陽花がアルミニウムを吸収しにくく、化学反応が起きにくいため赤色の花になるようです。
 
...そういえば、赤色の紫陽花が咲いている所は冬に落ち葉の灰や暖炉の灰などを肥料としてあげていました。(灰を撒くとアルカリ性の土壌になります)
 
紫陽花の花は咲いている期間が長いので、たくさん楽しめると思います。
 
ご来館予定の方は是非チェックしてみて下さいね。
 
カイザーベルク穂高では、皆様のご来館心よりお待ちしております。