カイザーベルク びわ湖 BLOG

長浜の盆梅展に行ってきました!~2018~

こんにちは。カイザーベルクびわ湖 支配人の岸です。
今日は先日お伝えした長浜盆梅展に行ってきましたので、その模様をお伝えします。
 
昨年同様に会場は長浜にある慶雲館。
 
 

87630176_Unknown_2.jpg

 
訪れたのは大雪直後の1月30日という事もあって雪がたくさん残る長浜…こちらでは70㎝の積雪だったそうです。
 
 
 
【観光情報】
 
開催期間:1/10(水)~3/11(日)
 
開催場所:慶雲館(長浜市港町2-5)
 
営業時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
 
定休日:期間中は無休
 
料金:大人500円・小中学生200円
 
長浜駅前市営駐車場料金:125cc超 250円/1日・125cc以下 150円/1日(支払は硬貨の他に1,000円札のみ可)
 
 
 
こちらの盆梅というのは梅の盆栽のこと。
 
盆栽というとちょっと年配の方の趣味というイメージが強いかもしれませんが、昨年取材を通じて盆梅展を鑑賞してすっかりファンになってしまいました。
 
盆梅はこの時期の2か月弱の間、花をつけて盆栽として完成形…
 
また色とりどりの梅の花で盆栽も華やかで梅の香りも楽しめ魅力たっぷり。
 
今年は雪が多かったせいか通路脇には盆梅展示はなく、雪風景が美しい日本庭園を抜け、慶雲館入口へ。
 
 

IMG_0204-1_2.jpg

 
ここで入場料500円を支払いチケット・パンフレットを受け取り、一緒に渡された靴袋に靴を入れて(中は土足禁止・出口が違うため)最初にお迎えしてくれるのがこの盆栽!
 
昨年のブログでも紹介しましたその名も【仁寿 じんじゅ】
 
今年は1月末に訪れたということもあって開花は控えめですが、長浜盆梅展の顔ともいえる樹齢150年の一重白梅は迫力満点です。
 
 

IMG_0205_2.jpg

 
会場となる慶雲館は130周年を迎えた歴史的な建物で、明治20年の明治天皇京都行幸に際し、お立ち寄りになられた長浜での休憩所として建てられた建物。
 
当時の総理大臣 伊藤博文が慶雲館と名づけたそうです。
 
今回は雪が多くご紹介出来ませんが庭園は七代目 小川治兵衛の作で国の名勝にも指定される立派なもの。(1枚目の写真で雰囲気が伝わるでしょうか)
 
会場は慶雲館の本館と新館を会場としており、入口は本館から…
 
 

IMG_0334_2.jpg

 
訪れた当日は平日で昼間にも関わらず多くの人で賑わい、館内は梅の良い匂いが充満しておりとっても心地の良い空間…
 
こちらでは300鉢の中から開花時期に応じて、常時90鉢を純和風の座敷にずらっと並べて展示してあります。
 
 

JDAD5786_2.jpg

 
この長浜盆梅展の規模は全国一!
 
特徴は、木が大きい・古い・高さ3m近い巨木がある・樹齢400年を超える古木があること。
 
私が訪れた日の開花状況は50%ということでしたが…
 
 

IMG_0335_2.jpg

 
このような感じでとっても綺麗に咲いており、迫力満点です。
 
これらの盆梅は普段、私たちが見かける盆栽のサイズよりもはるかに大きく何の予備知識がなくてもスゴイものだと直感的に判ると思います。
 
そして今回、私が鑑賞した中で一際、強大なオーラを放っていたのがコチラ!
 
その名も【林光(リンコウ)】
 
 

IMG_4640_2.jpg

 
こちらは今回から展示されている新しい盆梅で先日命名式が行なわれたもの。
 
京都市上京区の相国寺塔頭(タッチュウ)・林光(リンコウ)院の澤住職が愛知県の愛好家から送られた梅に「林光」と名付けたそうで、「林」に「人の集まる」意味があり、「光」に「輝かしい」という思いが込められているそうです。
 
この全高が1.8mもある盆梅は樹齢150年とされる淡紅色の一重咲きで金屏風の眩い光の中でも凛とした存在感があり素晴らしいものでした。
 
また新館展示には平成27年に日本遺産に指定された「竹生島と菅浦湖岸集落景観」をテーマにした琵琶湖に浮かぶ「梅生島」イメージのジオラマ調盆梅や昨年も展示のあった盆梅のひな壇など見どころたっぷりの内容。
 
特に新館の2階には通常サイズの様々なめずらしい盆梅が展示されています。
 
昨年は見に行くタイミングが悪くて白花のみとなっていた「輪違い(リンチガイ)」、別名おもいのままという八重咲きで、1本の木に紅花と白花が混じって咲くという盆梅を楽しみにしていたのですが、今回は見に行くのが早くまだ咲いておらず残念な結果に…
 
開花状況に応じて展示はされているのですが、盆梅ごとに開花期間や時期が違うので1週間おきに盆梅が入替られており期間中は何度も楽しめますのでオススメです。
 
 

IMG_0443_2.jpg

 
そして一通り盆梅を鑑賞したところで新館の階段を下りて出口へ…
 
こちらには長浜の名産やお土産がたくさん販売されており、誘惑に負けそうになりましたがグッと我慢して靴を履き替えながら上を見ると…
 
「!」
 
昨年は気付かなかったのですが出口の上部には梅をあしらった華やかで素敵なステンドグラスありました。
 
よく見ると紅花の下に白花…?
 
まさかココで輪違いがみられるとは!
 
と、なんだかとっても得した気分で最後をシメられ今年の盆梅展を楽しんできました。
 
昨年、当ブログをご覧になって行かれたお客様からも大変好評だった長浜の盆梅展、行かれた事のない方は3月11日まで開催されていますのでツーリングプランに組み入れてみては如何でしょうか?
 
今回はここまで!次回もお楽しみに。