カイザーベルク 御宿・月の沙漠 BLOGカイザーベルク 御宿・月の沙漠 BLOG

アナザー「もみじロード」? 国道465号線

みなさんこんにちは。カイザーベルク御宿・月の沙漠支配人の脇阪です。
今回は、当方から比較的近い紅葉スポットをご紹介します。
 
千葉県で観光・ツーリングをする場合だいたいは海か山の2択になりますが、山といえばもうぼちぼち紅葉のシーズンです。
 
房総半島で有名な紅葉スポットといえば、たびたび取り上げている「養老渓谷」。
 
養老渓谷周辺も紅葉が映えるスポットが多く、見どころはたくさんあります。
 
今回ご紹介するのは房総半島中部を横断する国道465号線、その大多喜町西部付近です。
 

20201118_101316.jpg

 
このブログでも何度か取り上げている通り、国道465号線は勝浦から伸びる国道297号線から入れます。
 
途中 道が細くてややこしい場所もありますが、道路案内の標識に従って行けば国道465号線のもみじ並木のスポットに辿りつけます。
 
房総半島南西部の富津市には「もみじロード」と呼ばれる その名の通り道路沿いにもみじが植えられ景色を楽しみながら通行できるこの時期人気の観光スポットがありますが、この国道465号線の大多喜町西部付近にも同様の楽しみ方ができる所があります。
 

20201118_101240.jpg

 
バイクを停めて付近を流れる川にかかる橋から写真を撮ると、このような風景を楽しめます。
 
ところどころ赤くなった木々を見ると秋の深まりを感じずにはいられません。
 
この地域の自然の特徴として、山中を流れる川や水辺の付近に断層のような跡が付いた崖があるのが挙げられます。
 
房総半島の一部地域では、なだらかな斜面の山や丘よりもこういった急な崖を見かけることが多いです。
 

20201118_101955.jpg

 
房総半島中央部を走る山道には、ずらーっともみじが植えられております。
 
国道465号線はこの付近の流れも良く、晴れた日にバイクで流すのはとても気持ち良いです。
 

20201118_102002.jpg

 
本家(?)のもみじロードも、この国道465号線をひたすら西に向かって走って行けば辿りつけます。
 
しかし国道465号線はこの付近を過ぎると急に道が細くなり、別の国道410号線と複雑に交差している箇所もありますので、バイクにスマホマウントがある方はスマホのマップアプリ等でナビをしてもらいながら行くことを強く推奨します。
 
私もこの道は何度か通っていますが、迷った経験があります。
 

20201118_102910.jpg

 
さて、今回の紅葉スポット紹介はいかがでしたか?
 
特定のポイントの紹介ではありませんが、この国道465号線を走っていると思わず足を停めて写真を撮りたくなるようなスポットにたびたび出くわします。
 
養老渓谷のようにとても有名な紅葉スポットというわけではないのですが、景色が良い所でも人が少なかったりする場合が多いので、ゆっくりと写真撮影や景色の観賞ができます。
 
当方からは40分前後で行けますので、紅葉観光のシーズンであるこの時期にぜひ走ってみてください。