カイザーベルク 御宿・月の沙漠 BLOGカイザーベルク 御宿・月の沙漠 BLOG

千葉県内の観光施設営業情報(+伊勢えび祭り情報) ~10月篇~

みなさんこんにちは。カイザーベルク御宿・月の沙漠支配人の脇阪です。
今回は、千葉県内の観光施設の営業情報をお伝えします。
 
今回は、当方でも話題に挙がる房総半島の観光施設の営業状況をお伝えします。
 
ただ、過密・混雑状態を避けるために入場制限を設けている施設がいくつかありますので、お出掛けの際は、施設ホームページなどで再度ご確認くださいね。
 
 
 
・鴨川シーワールド
 
当方のこのコーナーでもよく取り上げる、房総半島随一の海のテーマパークです。
 
10月31日まではセブンイレブン等で販売している「日付指定前売券」を事前に購入している方のみ入場可能という状態です。
 
併設の「鴨川シーワールドホテル」は現在も営業を続けており、こちらに宿泊すると滞在している期間は鴨川シーワールドへの入場が無料になります。
 
多様なプランが用意されており、公式ホームページから宿泊予約を受けられますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
 
 
 
・マザー牧場
 
房総半島南西部にある、広大な敷地の体験型エンターテイメントファームです。
 
現在はおおよそ通常通りの営業形態で、当日入場可能です。
 
ただし、一部のアトラクションや建物は休止中 ないしは曜日によっての営業の有無があります。
 
また、施設によっては利用の際マスクの着用が必須となる場合がありますのでご注意ください。
 
 
 
・かつうら海中公園海中展望塔
 
今回このコーナーで初めて取り上げる施設です。
 
勝浦市東部の海の一部が勝浦海域公園と指定されており、そのエリアの沖合60mの所に設けられた施設です。
 
その名の通り塔状の建物の下の部分が海に沈んでおり、そこから勝浦の海の中の様子を見られます。
 
通常営業中ですが、過密状態を避けるため状況によっては入場制限を設ける場合があるとのことです。
 
ちなみに、かつうら海中公園海中展望塔は海の状況によって入場料が変わる場合があります。
 
詳細はホームページをご覧ください。
 
 
 
・東京ドイツ村
 
名前に「東京」と付いていますが、内房の千葉県袖ケ浦市にある広大な農園の様なテーマパークです。
 
西洋の農園をイメージした施設には、広いお花畑や芝生の広場のほかアトラクションや動物園もあります。
 
営業形態は前回お伝えした時と同じく通常通りです。
 
ただし、一部のアトラクションや施設は休止しております。
 
こちらも詳細はホームページをご覧ください。
 
 
 
ここからはこの時期毎年開催されている「おんじゅく伊勢えび祭り」に関してご案内いたします。
 
「おんじゅく伊勢えび祭り」は今年は10月31日まで開催されています。
 
今年は、屋外で伊勢えびの鬼瓦焼きなどを提供するビッグイベントは中止となり、代わりに協賛する宿泊施設を1泊2食付きで利用すると1人当たり2匹分の伊勢えび料理が付いてくるプランや、御宿町内の直売所 ないしは鮮魚店で伊勢えびを購入すると、伊勢えび祭り協賛の料理屋で伊勢えび汁と交換できるチケットをもらえるというキャンペーンを展開していたりします。
 
伊勢えびは外房南部の貴重な水産品です。
 
バイクで持って帰るのは難しいですが、クルマで来られて なおかつ料理の技術があったり伊勢えび料理が好きだったりする方はぜひ、御宿の伊勢えびをお買い求めになられてはいかがでしょう。
 
 
 
各施設やイベントの詳細は、ご利用前に各々のホームページで再度ご確認ください。
 
状況に応じて内容・予定が急変することもあるので要チェックです。