カイザーベルク びわ湖 BLOG

第42回 鳥人間コンテスト2019〈7/27(土)~7/28(日)〉

こんにちは。カイザーベルクびわ湖 支配人の岸です。
今年も、もう折り返し…早いですね。
今日は琵琶湖の夏の風物詩「鳥人間コンテスト」の日程が判りましたのでお知らせします!
 
昨年は悪天候で途中で中止になってしまい残念なことになってしまいましたが…
 
今年はどうなるのか楽しみですね。
 
一昨年、完全制覇の40kmを飛んでしまう人力飛行機がでたため、今年は新ルールで「南ルート(沖島ポイント)と北ルート(竹嶋ポイント)の2つのチェックポイントを通過しプラットホームを目指す」ということになり、完全制覇した場合の飛行距離は60kmになりました。
 

torininngen2019-1d.jpg

 
知恵を絞り工夫を凝らした機体で琵琶湖に飛び出す様は迫力満点!
 
毎年大会期間中は湖上が封鎖され琵琶湖が静かになるのですが、ヘリコプターと船の音が近づいてくると、カイザーベルクびわ湖の近くには沖島ポイント(20km)があるので、姿は見えなくても人力飛行機が飛んでくるのが判るんですよ。
 
そして毎年、お盆に放送されるTV番組でコレが飛んで来たのか!と答え合わせするのが恒例となっています。
 

toriningenn2019-2c.jpg

 
大会の前日の26日から3日間は大会会場となるハーバーは関係者以外は立ち入り禁止になります。
 
また会場には一般駐車場はありませんのでご注意下さい。(会場で見学されたい場合は公共交通機関をご利用下さい)
 
さざなみ街道や湖岸周辺道路からも飛行している人力飛行機が見えるので、会場周辺は駐車車両が増えるほか、よそ見運転を起因とする渋滞がおきます。当施設へのお越しの際は、下道の場合は国道8号線(こちらも若干渋滞しますので時間には余裕を見て出発下さい)・高速の場合は彦根ICではなく竜王ICや・八日市IC・蒲生スマートICでお越し頂くことをオススメします。
 
ツーリングプランの参考にして下さいね。
 
 
 
【観光情報】
 
日時: 7/27(土)7:30~ 初日出場選手フライト(滑空機部門)
    7/28(日)6:00~ 2日目出場選手フライト(人力プロペラ機ディスタンス部門)
             フライト終了後 表彰式・閉会式
 
場所: 松原水泳場(彦根市松原町)
 
当施設からの距離 / 時間: 24km / 約40分(さざなみ街道使用)
 
大会の詳細はコチラ

バックナンバー