カイザーベルク びわ湖 BLOG

春の3大火祭り「左義長まつり」〈3/17(土)・3/18(日)〉

こんにちは。カイザーベルクびわ湖 支配人の岸です。
今回は、近江八幡の3大火祭りである左義長まつりが開催されますのでお知らせします。
 
近江八幡の春を告げる火祭りである「左義長まつり」が今年は3/17・3/18にかけて行われます!
 
 

sagityou2018-3_2.jpg

 
全国的には1月に左義長まつりを行なっている地域も多いのですが、近江八幡の左義長まつりも江戸時代には1月の14日・15日に執り行われていたようです。
 
明治時代になってからは太陽暦採用に伴い3月に変更されて今では3月14日・15日に近い土日開催となっています。
 
近江八幡の左義長まつりは元来、安土城下で行われていたもので、城主であった織田信長自らも踊り出たと伝えられる歴史のあるお祭り。
 
 

IMG_1150_2.jpg

 
【3月17日 14:00~17:30 渡御コース】
 
 

IMG_1151_2.jpg

 
左義長というのは松明・山車・十二月(赤紙)の3つの部分を一本(基)にして前後に棒を通して神輿のようにしたもの。
 
左義長まつりの見どころと言えば、やっぱり「山車」
 
近江八幡の町内の人々の手作りによりその年の干支に因んだ物をテーマに製作され、干支の作り物(むしと呼ばれています)が取り付けられているのですが、その素材は穀物「大豆・黒豆・小豆・胡麻」や海産物「鰹節・昆布・するめ・干魚など」の食べ物を使ってその素材の色を活かして作り上げられています。
 
そして祭りの終盤には奉納順に従い左義長は順次奉火され、最後の左義長が燃え尽きるまで祭は夜遅くまで続きます。
 
またこの燃えるさまも、とっても綺麗なんです。
 
春の夜空を明るく照らす、近江八幡三大火祭りの1つ、左義長まつりは「天下の奇祭」「湖国に春を告げるお祭り」とも形容される滋賀県を代表するお祭りです。
 
当施設からも近いので、ぜひこちらに来られた際には足を運ばれてみては如何でしょうか?
 
 
 
開催日時:3月17日(土曜日)・18日(日曜日)
 
開催場所:日牟禮八幡宮とその周辺
 
当施設からの距離/時間:7.3km/約20分
 
 
なお、開催当日は周辺の道路に交通規制(パークアンドバスライド)が行なわれますのでご注意下さい。
 
 

sagityou2018-4_2.jpg

 
 
スケジュールやその他詳細は、近江八幡観光物産協会のホームページ【https://www.omi8.com/】をご覧ください。