カイザーベルク 城ヶ崎 BLOG

河津桜まつりに行こう! -最終回-

みなさんこんにちは。カイザーベルク城ヶ崎の脇阪です。
 
今回は前回の続きで、冬の暮れの伊豆半島名物「河津桜まつり」レポートの第2弾です!
 
「河津桜」とは2月下旬から3月初頭までの間咲くことで有名な桜です。
その河津桜がたくさん植えられている河津町では、毎年2月初頭から3月初頭までの間「河津桜まつり」というイベントを開催し、毎年多くの観光客が河津町に訪れています。
 
今回は3月5日に河津桜まつり会場に訪れた時の様子をご紹介します。
 
DSC00630_2.jpg
 
前回の文言どおり、前回に訪れた時にお世話になった駐車場をまた利用させてもらう事にしました。
駐車場の管理人のおじさんもわたしのことを覚えていてくださったようです。
 
DSC00648_2.jpg
 
で、肝心の桜の方ですが...予想していた通り満開のピークは過ぎていたようで、少し葉が付き始めていました。
しかし花びら自体はそんなに散っておらず、まだまだしっかりと花がついている状態です。見応え十分ですね。
 
DSC00632_2.jpg
 
前回訪れた時とは比べものにならないほど多くのお客さんが来ていました。
河津桜まつり会場のメイン通りは大混雑!やはりこういう催し物は賑やかでないと!という感じがしますよね。
 
さあ、河津桜が咲き誇る風景は十分堪能しました。
次は伊豆グルメコーナー出張篇!!という食べ歩きです。
 
まずはこちら、伊豆半島の西部、西伊豆町のご当地グルメ「海賊焼き」!
 
DSC00635_2.jpg
 
インパクトの強い黒一色のイカ墨麺で作った焼きそばで、イカ足とキャベツが主な具材です。
塩味ベースの味付けで、よく焼けたイカ足の風味と相まってかなりシーフードな雰囲気の焼きそばとなっています。
おみやげ屋さんによっては麺や海賊焼きキットが売られていたりするので、気になる方はぜひお試しください!
 
DSC00645_2.jpg
 
ちなみに河津桜まつりで出店があるのは会場のメイン通りだけではなく、そこから少し離れた路地の所でも展開されています。
また、売られているのは食べ物だけではなく、民芸品や河津桜の苗木まで売られています。
 
DSC00640_2.jpg
 
その他、伊豆半島のご当地品だけでなく、他府県も含めたいろんな地域の名産品が売られています。
そこで気になったのでこちらを買ってみました。
 
DSC00641_2.jpg
 
「甲州狼煙焼き」です。
鶏もも肉を特製のたれにつけて焼いた山梨県の特産品だそうです。
パッと見はカイザーベルク城ヶ崎内のランチバイキングに出てくる「イサーン風焼き鳥(ガイヤーン)」の様ですが、味は結構あっさりしています。
よく焼かれて香ばしさの残る風味がワイルドで、なんだか白いご飯がほしくなりますね。
 
DSC00653_2.jpg
 
同じところで売られていた、出店の定番、牛焼き肉串です。
タイ語でいうと「ヌアサテ」です。
こちらのお店の物は霜降りの肉を使っているということで、若干値は張りましたが冷たくなりかけてもとてもやわらかく、非常にジューシーでした。
 
DSC00654_2.jpg
 
食後のデザート!伊豆の名物(?)わさびソフトです。
わさびソフトを食べるのはこれで2回目ですが、以前食べた時よりも気のせいか辛く感じました。
 
DSC00642_2.jpg
 
DSC00643_2.jpg
 
そしてなにやらまためずらしいアイテムが...
静岡の名産オレンジをくりぬいて飲む、フレッシュジュースをも超えたスーパーフレッシュなオレンジジュースです。
 
DSC00644_2.jpg
 
味はまさにオレンジそのものです。
ところどころオレンジの薄皮がそのまま入っており、市販のオレンジジュースよりもずっとワイルドなドリンクです。
 
それでは帰路に着きましょう。今年の河津桜はこれで見納めです!また来年!
ちなみに帰りは道路がものすごく混んでいました。
 
次のイベントはカイザーベルク城ヶ崎の近所にある伊豆高原駅付近で「伊豆高原桜まつり」が開催されます!
駅付近はすでに一部の桜が咲いていますので、ぜひご覧になってみてくださいね。
 
【お知らせ】
現在カイザーベルク城ヶ崎では、ブログ出演希望のお客様を募集しています。
カイザーベルク城ヶ崎を利用した感想や、道中のエピソードなどをぜひお聞かせください。
お写真と一緒にこちらのブログに掲載いたします。
ご希望の方は、カイザーベルク城ヶ崎の脇阪までお問い合わせください。