カイザーベルク 穂高 BLOG

安曇野 神竹灯(かみあかり)

皆さんこんにちは。カイザーベルク穂高の近江です。
今回は穂高神社で毎年行われる安曇野の冬のホットなイベント、【安曇野 神竹灯(かみあかり)】の様子をレポートします。
 
神竹灯(イベント開催は2017年12月1日~12月3日)とは、穂高神社境内にたくさんの竹の灯篭を並べるイベントで、今年で7回目になるそうです。
 
その竹灯篭の様子がこちら↓
 
 

_DSC9032.kamiakari1.JPG

 
竹の中は白いので、ロウソクの光を反射してすごく明るくなります。
 
これがたくさん並ぶと…
 
 

_DSC9033.kamiakari2.JPG

 
このような光景になります。
 
とても「インスタ映え」すると思いませんか??
 
ちなみに今年の竹灯篭は約1万本以上用意され、過去最大規模でした。
 
竹灯篭の材料の竹は九州から運ばれてきました。
 
穂高神社に祀られている【穂高見命(ホタカミノミコト)】の出身が九州である事のご縁で、九州の竹が使われているそうです。
 
こちらは鳥居の様子です↓
 
 

_DSC9034.kamiakari3.JPG

 
この日はちょうど満月で、いい感じに鳥居の上に月が来てくれました。
 
若宮社の様子です↓
 
 

_DSC9035.kamiakari4.JPG

 
拝殿の様子です↓
 
 

_DSC9036.kamiakari5.JPG

 
このイベントでは、神楽殿でのライブや露店販売なども行っております。
 
今年のイベント開催期間は終了してしまいましたが、とても幻想的なイベントで来年も開催予定ですので、気になった方は是非チェックしてみてください。
 
次回は国営アルプスあづみの公園のイルミネーション堀金・穂高地区の様子をレポートします。
 
カイザーベルク穂高では、皆様のご来館を心よりお待ちしております。