カイザーベルク 穂高 BLOG

ロープウェイの旅

皆さんこんにちは。カイザーベルク穂高の近江です。
今回は駒ヶ根市にある駒ケ岳ロープウェイで雲上の千畳敷に行って来ましたので、そのときの様子をレポートします。
 
ロープウェイのある【しらび平駅】までは一般車両通行規制のためバスかタクシーで向かいます。
 
中央道の駒ヶ根ICを降りて中央アルプス方面に上っていくと、【菅の台バスセンター】に着きます。
 
 

_DSC9820.komagatake1.JPG

 
駐車場の様子です。
 
 

_DSC9821.komagatake2.JPG

 
ここからしらび平駅までバスで向かいます。
 
バス、ロープウェイの往復料金は3,900円でした。
 
しらび平駅から終点の千畳敷駅に着いて外に出ると千畳敷カールが出迎えてくれます。
 
 

_DSC9831.komagatake3.JPG

 
このスプーンでえぐった様な地形は【カール】と呼ばれ、氷河が地面を削って出来たものです。
 
日本アルプスや北海道の日高山脈にしかありません。
 
ちなみに千畳敷駅の標高は2612mで、日本一標高の高い駅です。
 
眼下には駒ヶ根市の町並みが見られます。
 
 

_DSC9837.komagatake4.JPG

 
この日は雲が多くてあまりいい眺めではありませんでしたが、晴れていると南アルプス連峰を綺麗に見ることが出来ます。
 
そしてここには【2612cafe】というカフェがあります。
 
 

_DSC9838.komagatake5.JPG

 
ここの名物は、アルプスの雪解け水で入れた水出しアイスコーヒーです。
 
プレミアム信州サーモンのクロワッサンと一緒にいただきました。
 
 

_DSC9839.komagatake6.JPG

 
とても美味しかったです。
 
日本では、だいたい標高が2500mを越えると森林限界を迎え、視界がひらけ良い展望になります。
 
ここはバスとロープウェイを乗り継いでいけるので、ライダースーツのまま気軽に非日常の景色を見ることが出来るのでおすすめです。
 
気になった方は是非チェックしてみてください!!
 
カイザーベルク穂高では、皆様のご来館心よりお待ちしております。