カイザーベルク びわ湖 BLOG

長浜鉄道スクエアで特別展開催中!(9月30日まで)

みなさんこんにちは。カイザーベルクびわ湖の脇阪です。
今回は、期間限定で開催されている長浜鉄道スクエアのイベントについてご案内します。
 
長浜鉄道スクエアは、日本最古の駅舎を転用して作られた鉄道博物館です。
 
中では精巧なジオラマや貴重な鉄道資料の他、実際に北陸線で働いていた「デゴイチ」ことD51型蒸気機関車や、ED70型電気機関車の実物が静態保管されています。
 
長浜鉄道スクエアでは、現在、9月30日までの期間で「ビジネス特急こだまとブルートレインあさかぜ誕生60周年特別展」を開催しております。
 
 

nagahamatetudou2_2.jpg

 
1950年代終わりごろにデビューしたこの2つの車両は、まだ新幹線が無かった時代に、東京から神戸・博多を結ぶ超長距離移動手段として活躍しました。
 
この長距離を連日結ぶためにこれらの車両は当時最新の技術が用いられておりました。
 
こうして誕生した近代軽量鉄道車両の軌跡や魅力を紹介するのが今回の特別展です。
 
今では高速超特急の代名詞『新幹線』や、鉄道並に気軽に利用できるようになった『LCC(格安航空)』といった航空路線のおかげで、こういった長距離路線を走るL特急や寝台特急というものはめっきり数を減らしてしまいました。
 
それでもこの特別展を見に行けば「ああーこんなのもあったなあー」と懐かしさに浸ってもらえるもらえるのではないかと思います。
 
 

nagahamatetudou1_2.jpg

 
ツーリングの立寄りに、親子での夏休みの旅行に、ぜひ長浜鉄道スクエアに訪れてみてはいかがでしょう?
 
 
 
長浜鉄道スクエア 観光情報
 
場所:滋賀県長浜市北船町1-41
 
開館時間:9:30~16:30
 
「ビジネス特急こだまとブルートレインあさかぜ誕生60周年特別展」
 
開催時期:7月1日~9月30日(期間中は休館日無し)
 
その他詳細は、長浜鉄道スクエアホームページをご覧ください。