カイザーベルク びわ湖 BLOG

ようこそカイザーベルクびわ湖ライダーズカフェへ!

みなさんこんにちは。カイザーベルクびわ湖の脇阪です。
今回は、カイザーベルクびわ湖のライダーズカフェのメニューの一部をご案内いたします。
 
先日、カイザーベルクびわ湖のライダーズカフェでは、メニューに2種類のスパゲッティとドライカレーを追加し、バーベキュー以外でもお昼時の小腹を満たすことができるラインナップになりました。
 
今回は、以前からお出ししている2種類のお菓子と3種類のホットコーヒーにスポットを当ててみようと思います。
 
3時のおやつや、スイーツ用別腹にいかがでしょうか?
 
まず最初にご紹介するのは2種類のお菓子のうちの1つ、「窯焼きホットケーキ」です。
 
お値段は300円です。
 
 

DSCN4808_2.jpg

 
一般的なホットケーキ(パンケーキ)のイメージとしては、どら焼きの皮のように薄く焼き上げられたものというのがありますが、この窯焼きホットケーキはご覧の通り厚さ約4cmと、非常に厚みがあるのが特徴です。
 
見た目はホットケーキというよりスフレのチーズケーキです。
 
そのインパクトのあるチーズケーキっぽい見た目とは違い、味はおなじみのホットケーキの味です。
 
厚い生地による、ふんわり食感が特徴です。
 
ただこのホットケーキの生地自体の甘さは控えめで、そこに溶かしたマーガリンのほのかな塩味とメープルシロップの甘味が混ざり合うことでちょうどいいおいしさになるのです。
 
デリシャス!
 
 
 
続きましてはもうひとつのお菓子メニュー「アップルパイ」です。
 
お値段は350円です。
 
 

DSCN4811_2.jpg

 
大きめに切られたりんごは、パイ生地の中に入ってもりんごとしての食感が残っており、味わいにアクセントを持たせてくれます。
 
このアップルパイ、見た目は甘そうですが実はそんなに甘くはなく、甘すぎて胸焼けしそうになるということもありません。
 
りんごの酸味とその下のカスタードの甘味、そして生地の焼き目の部分の苦みという3つの味を一度にほおばると、これまた絶妙な味わいのハーモニーが生まれます。
 
ぜひお試しください。
 
 
 
次に、カイザーベルクびわ湖の3種類のホットコーヒーをご紹介します。
 
現在カイザーベルクびわ湖のライダーズカフェでは、3種類のホットコーヒーを販売しております。
 
いずれも1杯200円です。
 
 

DSCN4814_2.jpg

 
3種類ありますがそれぞれ味の違いは明確で、毎度カイザーベルクにお立ち寄りいただくときに自分の好きな味を飲み続けたり、あるいは別の味を試してみるというのもありです。
 
もちろん、それぞれ違う味を注文してお互いで飲み比べてみるのもいいと思います。
 
それではここで、各種の味のご案内を差し上げます。
 
 
 
カフェスタンドの一番上にあるのが「有機栽培珈琲」です。
 
この3種の中では最もオーソドックスな味わいのコーヒーで、苦みはほどほどで後味もあっさりしており、クセの無い1杯が楽しめます。
 
初めてこちらでホットコーヒーを頼まれる方・苦みがあまり口に残らない方が好みという方におすすめです。
 
 
 
真ん中の段にあるのが「モカブレンド」です。
 
苦みの強さや口当たりは前述の有機栽培珈琲とよく似ていますが、こちらは後味が独特のものであり、「フルーティー」という言葉がぴったり合う感じのものです。
 
かといって強いクセがあるものではなく、様々なコーヒー好きの方に楽しんでいただけます。
 
 
 
下の段のものは「イタリアンロースト」です。
 
この3種類の中では最も味が濃く、苦みも強い1杯です。
 
とても味わい深い、まさに通好みのコーヒーといえるでしょう。
 
余談ですが私が個人的にいちばん好きなのはこのイタリアンローストです(個人の感想)。
 
ちなみに、これらのホットコーヒーは通常は陶器製のコーヒーカップでお出ししておりますが、屋外のウッドデッキや喫煙スペースに持っていきたい!というご要望がございましたら、安全かつ使い捨てできる紙コップでコーヒーをお入れしますので注文時にお申し付けください。
 
 

DSCN4813_2.jpg

 
また、これらのホットコーヒーは200円で販売されているため、最初にご案内差し上げた窯焼きホットケーキ300円といっしょに注文すればワンコイン500円で済むのがポイントです。
 
 

DSCN4810_2.jpg

 
昼下がりの午後、ツーリングで立ち寄ったカイザーベルクびわ湖で(ワンコインで)楽しむコーヒーブレイクなんていかがでしょう。
 
 
 
カイザーベルクびわ湖のライダーズカフェは今後も発展を続けてまいります。
 
どうぞご期待ください。