カイザーベルク びわ湖 BLOG

雪のカイザーベルク~2018年版~【2/2】

こんにちは。カイザーベルクびわ湖 支配人の岸です。
今日は大雪3日目の状況をお伝えします。
 
そして1月27日(土)運命の日の朝…
 
あまりの寒さに目が覚め、午前7時の外気温を確認すると-5℃!
 
自室から見える窓の外の風景がオカシイ!自身の四輪車も社用車の軽トラックも見えず真っ白。
 
慌てて玄関ホールに向かい外の風景を見てみると、そこにはまさしく「昨年の悪夢再び!」の風景が…

 

IMG_0157-1.jpg

 
非常に風が強く吹雪いていたにも関わらず垣根の上には大量の積雪。
 
本館に続く除雪した通路も埋まり下手をすると昨年より酷い?
 
玄関ホールからの風景はまだ良かったのですが、本館裏の吹き溜まりになりやすい水路側を見てびっくり!
 
右下写真の場所は本来、水路を隔てる壁があるのですが(通路沿いの紅葉がある場所です)壁が見えません。
 
その壁の高さからすると吹き溜まりの積雪量は90㎝…昨年の吹き溜まりは70㎝でしたから大幅に積雪最高記録更新です(汗)

 

IMG_0275.JPG

 
コレはえらいことになったと、絶望に打ちひしがれているとスタッフが本館入口から雪まみれになって出勤してきました。
 
スタッフの第一声は
 
「入口はひざ上の積雪で本館にたどり着くのも大変」
 
「あまりの大雪で裏口の階段が昇れない」との事だったので見に行くと…普段はあるハズの石垣の階段がない!
 
滑り台のようです。
 
そして一番驚いたのはスタッフ自慢の本気のクロカン四駆が施設到着の際に入口の四輪駐車場で吹き溜まりにハマりスタックして動けなくなったこと。
 
スタッドレスタイヤ装着のクロカン四駆が動けなくなるほどの積雪ということは昨年同様に長い陸の孤島生活を覚悟しました。
 
そして施設をオープンしようと正面ゲートの門を開こうとするもあまりの積雪で開かず、除雪するところから始まる波乱の1日がスタート!
 
通常の通路部分で積雪47㎝(実測)。昨年に比べたら少しマシですが(昨年は積雪52㎝)もう通常の長靴では雪が中に入りズボンも靴下もビショビショ…

 

IMG_0277.JPG

 
ということで、ここで秘密装備が登場!
 
昨年、湖畔のメンテナンス用に導入した「マリンパンツ」に着替えスタッフ総出で雪かきを開始!
 
これだけ雪が降ると通路脇の水路や花壇など歩いていて、なにも見えずとっても危険。
 
山側のBBQ通路やサイト周辺、また入口ゲート付近の通路などは60㎝くらいの積雪があり前に進むのも一苦労。
 
慎重に雪をかき分けながら通路をつくる為に除雪をすすめます。
 
ちなみにこの時点で県道も除雪車が除雪した事はなかった事に…
 

IMG_0276.JPG

 
今年からメンバーが3人になり、いつものペースより除雪作業が早くいい感じ♪と思っていた矢先に除雪作業を止める事件が発生!
 
入口にいるスタッフから緊急招集の電話があり、慌てて入口に向かうと1台の車がスタックしており「困った時はお互い様」と救助する事に。
 
どうやら長命寺交差点から進入して来た車が通行止めの看板を見て、当施設前でUターンをしようとしてスタックしたようです。
 
全員で入口前の除雪を行ない脱出の救助している最中にも県道には次から次へと車が!
 
どうやら長命寺交差点と県道入口の電光掲示板では通行止めの案内が出ていないらしく、除雪が不完全な1台分の車幅の道を走ってきて、ここで通行止めを知るも当施設入口以外の道路脇スペースは積雪量が多くUターンの為の方向転換ができず当施設前で大渋滞…
 
まずは入口前の除雪を最優先に行ない四輪駐車場スペースへ誘導し、順番に方向転換の繰り返し…
 
これ以上の被害拡大と立ち往生解消の為に通行止め規制の案内依頼を警察署に連絡。
 
誘導と救助を行ない立ち往生は解消しましたが…朝からスタッフ全員ぐったりです。
 
事件の後は場内の通路確保の為、復旧除雪を再開です!
 
さぁどんどん雪かき進めるよ!と勢いよくレッツ雪かき。
 
「ザクザクポイッ…ザクザクポィッ」
 
「ザクザ…パキッ…ポィッ」
 
「?」
 
「ザクバキッ!」
 
「!」
 
あまりの雪の多さにプレッシャーラッセルが割れて逝ってしまいました。
 
この後…とりあえず入口から本館までの通路を確保できましたが、BBQサイトは昨年の経験からもう少し雪が減ってからの除雪にしました。
(※2017年1月「レッツ!雪かき~復旧作業中~を参照・現在は除雪完了しています)
 

IMG_0278.JPG

 
また大雪の期間中はお客様より
 
「支配人生きとるか?」
 
「今年も施設から出れんのか。食料は大丈夫か?」
 
「スタッフの人はこの雪の中、自宅に帰れてる」
 
「支配人より支配人の車は無事か」「VFR800は無事?」←(笑)
 
など多数のご連絡を頂き、ご心配をおかけしましたが私を含めたスタッフ全員+車・バイク(上記写真右下のように氷漬けでした)もケガ・故障もなく無事でした。
 
ありがとうございます。
 
そして1月28日には天候が回復し、昨年よりも気温が上がるのが早く日曜日にはサイドカーライディングスクールから入口ゲートまで車1台分の除雪作業が完了し、陸の孤島生活から無事脱出することができました。
 
今回の大雪での施設の被害は雪かき道具のプレッシャーラッセル損傷・凍結による雨水用水道配管破裂による水漏れ程度で事無きを得ました。
 
と、このような感じです。
 
先日のブログ「カイザーベルクびわ湖の現在の状況について」でお伝えした通り、現在は施設内の除雪・周辺道路の状況も回復しており二輪・四輪で安全にお越しいただくことができます。
 
スタッフ一同みなさまのご来場をこころよりお待ちしています!