カイザーベルク びわ湖 BLOG

売店通信 第10号

こんにちは。カイザーベルクびわ湖 支配人の岸です。
今日は売店コーナーで販売しているアイテムのご紹介です。
 
まず最初にご紹介するのは先日、売店に入荷した新商品!
 
「ROM ライディングレインスーツ」
 
こちらの商品は最上級クラスのレインスーツにしか採用されていない、身体の動きにフィットするストレッチ素材を採用したレッドバロンのオリジナル商品で、レインスーツの性能の指標となる耐水圧は20,000mm(※1)というレインウェア最高水準の性能と、ムレにくい透湿度20,000g/㎡(※2)の優れもの!
 
お値段は14,580円(税込)です。
 
 

IMG_2071-1.JPG

 
日常使いのレインコートや短時間の作業に仕様するポンチョならここまでの性能は必要ないのですが…オートバイはスピードを出して雨を受けますから、耐水圧はこれぐらい必要になります。
 
※1…生地に染みこもうとする水の力を抑える性能数値。耐水圧20,000mmというのは生地の上に1cm四方の柱を立て、水を入れて20m(20,000mm)までの高さに入れた水の水圧に耐えられる性能になります。(一般的な傘が耐水圧250mm程度)
 
※2…生地1㎡あたり24時間で何gの水分を透過したかを示す数値。透湿度20,000g/㎡というのは1日で1㎡あたり20kg(20,000g)の水蒸気の汗を外に出す能力があるということになります。
 
またロングツーリング途中で雨に降られたりした日には、下手をすると1日中着る羽目になるなんてことも…
 
ゴワゴワして着心地が悪い・動きにくいなんて経験はありませんか?
 
雨天の長時間ライディングでこういった不満はストレスになりますし快適に走りたいですよね。
 
そんなライダーの要望を叶えるべく、このレインスーツには、動きやすくムレにくい高い透湿度を誇るストレッチ素材が採用されている訳です。
 
もちろんレッドバロンがプロデュースするレインスーツですから、袖口を2重構造にし雨水を防ぐWアジャストや、一般的な前傾姿勢をとった時にジャケットがずり上がってしまっても大丈夫なように背面のお尻にかかる部分が少し長めに設定されているなど、使い勝手も抜群!
 
ロングツーリングが多い・そろそろ買い替え時期が、という方にオススメです。
 
【商品情報】
 
サイズ:SS,S,M,L,LL,3L(※SSサイズはピンクのみ)
 
カラー:下記のカラー+ピンク/チャコール(ピンク色はSS,S,Mのみ)
 
 

IMG_3528-1.JPG

 
次にご紹介するのはバイク用のアクセサリー
 
「ROM カーボンナンバープレートホルダー」
 
 

IMG_2072.JPG

 
126cc以上のオートバイに使用可能な品質にこだわったリアルカーボン製のナンバープレートホルダーで、お値段は7,000円(税込)です。
 
素材はウェットカーボン製で、裁断にはウォーターカッターを使用。
 
品質の高いホルダーで右下には100%チタンのREDBARONのロゴプレート付き!
 
 

carbon_image.jpg

 
ドゥカティなどの外車で高品質なカーボンパーツ外装を愛車に奢っておられるお客様やカーボンサイレンサーのマフラーを装着されているお客様はもちろんのこと、スポーツバイクのドレスアップに如何でしょうか?
 
またフェンダーレス車両のナンバープレート折れ防止・シングルやツイン車両の振動によるナンバープレート割れ防止にも有効です。
 
最後にご紹介するのは…
 
「マルニ工業 パンク修理キット」
 
こちらの商品は日本唯一のパンク修理材メーカーから発売されているチューブレスタイヤ用のパンク修理キット。
 
お値段は10%OFFの4,560円です。
 
もちろんパンクをしたら迷わずゴールドカードもしくはお近くのレッドバロン店舗にロードサービス依頼をすればOKなのですが…
 
レッドバロンのお店が130km先(汗)この山を下れば麓にGSが!・レッドバロンのトラックが入ってこれないような山の中・河川敷にセローで遊んでいたらなぜか釘を踏みパンクなど…全て私の経験ですが(笑)、こんな時に備えあれば憂いなし!応急修理が自分で簡単にできてしまうキット。
 
 

IMG_2073.JPG

 
修理に必要な道具・エアボンベ・収納ケースが全て揃っています。
 
トレッド面の釘穴専用で(裂けキズ・ショルダー部サイドウォール部・スリップサインのでた摩耗タイヤは修理不可)タイヤ1本に炭酸ガスのスティック2本で最低限のエアを確保して応急修理できます。(このあとはお店でのエア補充と点検をおすすめします)
 
北海道などのロングツーリング時のお守り・ついつい山の奥を探検してしまうセロー乗りのお客様(笑)などにおすすめです。
 
今回はここまで!次回もお楽しみに。